南アルプス日本二百名山, 山梨百名山

ついにここまで来た。

中ノ川乗越の向こうに見えるのが鋸岳第二高点だ。
急なガレ沢が岩山の上へと続いている。

あれ、登れるのか?

ここまでもそれほど楽ではなかったが、ここから先はもっと楽ではな ...

南アルプス日本百名山, 山梨百名山

一年ぶりの甲斐駒ヶ岳。

ここ数年ずっと、この時期に甲斐駒に登っている。
昨年は日向八丁尾根から、一昨年は黒戸尾根から、その前の年は北沢峠から。

そのどれもが、甲斐駒が目的で甲斐駒を目指して登ってきた。 ...

高尾・相模湖

気分の上がらない日…というのはあるものです。

他の人がみんな幸せそうに見える、そんな日が。

心の奥の深い深い底に淀む暗い闇に引きずり込まれていきそうな、そんな日が。

そんなとき、あぁ山へ行きたいなぁ ...

西上州日本三百名山, ぐんま百名山

登山道わきの石碑の文字を何気なく見ると「武尊山十一面観世音菩薩」と読めました。

武尊山? あの武尊山のことでしょうか?

その先の掘っ立て小屋のような祠には「八海山堤頭羅吒神王堂」とありました。

八海 ...

北アルプス日本二百名山

なんだか空が明るくなってきた。

ガスに巻かれて真っ白だったので、テントを張って早々に、展望は諦めて夕飯のしたくをしてたのだが、慌てて見晴らしのいい場所へ行ってみる。

薄いピンクに色づいた空の下、槍から穂高へと続 ...

西上州日本二百名山

整備されて歩きやすい登山道を登っていく。
周囲は木々が茂っていて、展望はほとんどない。

なんだかもやもやした気分なのは、登山道が少々退屈なせいだけではない。

もやもや…ちょっと違うな。
なんとい ...

群馬県宿場町, 在郷町

ひさしぶりに来た下仁田。

夕飯にはまだ早い時間なので、店が開くまで街をぶらぶら歩く。

もう何年も前だけど、群馬の山村を訪ねて回ってたころ、南牧村方面への玄関口が下仁田だった。

鉄道の終着駅にして山村 ...

登山(その他)

旅と山を愛した江戸の画人谷文晁が、諸国を廻って描いた山の絵を集めた画集、それが日本名山図会です。

諸国の名山を集めるという発想は文晁のオリジナルで、深田久弥の日本百名山の元ネタになったと言われています。

この画 ...

西上州日本二百名山, ぐんま百名山

クサリを握る手に力が入る。

いつもはふざけてなめた山登りばかりしているが、さすがにここは慎重に行かないと。

両側が切れ落ちた岩稜を進む。万が一にも足を滑らせたら、あとは握ってるクサリが全てだ。手を離してしまえば ...

安倍奥・身延・天子山梨百名山

どこまで運転すれば辿り着くのだろうと少々不安になりながら、山肌をうねるように付けられた舗装路をずっと登っていく。ゴルフ場を通り過ぎても、まだ先へと道は続いている。

麓からずいぶん走って、ようやく登りきったところが白鳥山森林 ...