谷川・越後ぐんま百名山

三国峠まで上がったころにはまだ空に明るさがあったが、稜線を進むうちに灰色の雲が厚く広がっていた。

これは降るかもな、そう思った途端に、空から雨が落ちてきた。

三国峠から稲包山へ向かって歩いている。

...

谷川・越後日本二百名山

すごいすごいすごい、なんて美しいのだろう。青空に輝く白銀の稜線だ。

やっぱり諦めずに登ってきてよかった。

予報に反して早朝は曇天だった。気持ちも上がらず、重い足取りで登り続けた。

こんな天気で登って ...

谷川・越後ぐんま百名山

暖かく柔らかな日差しが、赤や黄に色づいた木々の葉を透かして降り注ぐ。空気は透明で空は青い。

大峰沼をぐるっと回り、大峰山を超えた。

だれもいない静かな山を、のんびり歩く。暑くもなく寒くもなく、時折り吹く風が心地 ...

谷川・越後ぐんま百名山

平ヶ岳登山を終えての帰り道、すっかり遅くなってしまい、夜も更けてきた。疲れてきたしもう運転もしたくないので、ちょうど通りかかった道の駅で朝まで眠った。

翌朝、このまま帰っても午前中に家に着いてしまう。特に用事もないので、ど ...

谷川・越後日本百名山, ぐんま百名山

夜明け前から歩き始めて単調な尾根を登り、いくつかのピークを超えて池ノ岳まで来た。ここまで登ると、目の前には秋色の湿原が広がり、池塘は空の色を映して深い。

ここまで4時間半、思ったよりも早く着いた。日帰り最難関の百名山などと ...

谷川・越後日本百名山, ぐんま百名山

ひとりで山を歩いていると時々思う、なぜ今この山を歩いているのだろうかと。

この山を歩くか、あの山を歩くかは選ばなければならない。二つの山を同時に歩くことはできない。人生は選択の連続だ。これまでに下した無数の選択の果てに今が ...

谷川・越後ぐんま百名山

ただ足元だけを見て黙々と歩き、登ったり下ったりをくり返して、いくつものピークを超えた。万太郎山に着いたのは午後1時30分、予定よりだいぶ遅れている。これでは平標までは行けそうにない。いや、行こうと思えば行けるが、まともな時間には到着で ...

谷川・越後

稜線に出ると、強い風が吹き付けた。雨は朝から降り続いている。

出発してすぐに降り始めた雨は、標高を上げるにつれて雨脚も強くなってきた。雨の流れる登山道を歩き、濡れて滑る岩場を登った。風景はガスの中だ。それでも上へ上へと進ん ...

谷川・越後日本百名山

尾根上の小ピークを超えると、雄大な山容が姿を現した。

あれが苗場山だ。なんともなんともかっこいい。

穏やかで見晴らしのよい道を登っていく。

最後の急坂を上がると、広々とした湿原だった。実に広く平らで ...

谷川・越後日本二百名山, ぐんま百名山

下界では連日の真夏日で、梅雨を飛ばして夏が来たかのような毎日ですが、お山の上ではようやく長い冬が終わり、春が訪れたところ。

世界を真っ白に覆っていた雪もすっかり解けて、白や黄色やピンクの花々が咲き乱れる賑やかな季節がこれか ...