尾瀬栃木百名山

飲めるだけ水を飲み、3リットルめいっぱいに補給した。この先、尾瀬沼までの間に水場はもう一ヶ所あるが、そこがもし枯れていても、節約して使えばなんとかなるだろう。

それにしても暑過ぎる。

いっとき下がった体温も、歩 ...

尾瀬ぐんま百名山, 栃木百名山

思わず手をついて攀じ登るほどの急な山道を3時間登ると、突然視界が開けた。鬼怒沼湿原に着いたのだ。

青空の下に広がる緑の湿原。遠くには奥白根山の頂が見える。

この先の行程も長いので立ち寄る予定ではなかったのだが、 ...

尾瀬日本三百名山, ぐんま百名山

日本三百名山の中でも最難関の山のひとつとされている景鶴山、登るのが難しいのは登山可能な期間が極めて限られているからである。

景鶴山は、尾瀬ヶ原をぐるっと囲む山々のひとつで、原の真ん中あたりの北側に位置する。このエリアは、東 ...

尾瀬

水芭蕉の花咲く初夏、生命力あふれる夏、黄金色に輝く秋と、季節を変えて何度も訪れている尾瀬。

あっ、あれ? そういえば冬は行ったことないよね…。

尾瀬ヶ原が雪に埋もれ、真っ白な燧ヶ岳が青空に映える、そ ...

尾瀬日本二百名山, 栃木百名山

夏の光に輝く緑の湿原、微風にゆれる純白のワタスゲ、そんな風景を求めて田代山へ向かった。

何年も前から登りたいと思っていた田代山だが、どうせ登るならワタスゲの最盛期に登りたい。しかし、ワタスゲシーズンは天候の安定しない日が多 ...

尾瀬日本百名山, ぐんま百名山

昨夜の雨で濡れた蛇紋岩に足を滑らす。荷物は重く、昨日の疲れがまったく取れてないため足取りは重い。それに寝不足だ。

昨夜はよく眠れなかった。激しい雨がひと晩ずっと続き、テントを激しく打ち付けた。いまにもテントが潰れるんじゃな ...

尾瀬日本百名山

リベンジ…松坂大輔のおかげで、雪辱を果たすとか借りを返すとか再挑戦とかの前向きな意味で日本語に定着していますが、英語本来の意味は復讐報復仕返し怨みを晴らすといったドロドロ怨念を感じさせる言葉であります。

そういうわけで、リ ...

尾瀬日本百名山

この夏、S子先輩とK女史の三人で訪れた会津駒ヶ岳では、いろいろと想定外の事態に襲われました。

まずは、なんといっても想定外だったのは、お花の名前を教えていただくために来ていただいたお二人が、図鑑として全く機能しなかったこと ...

尾瀬日本百名山

花の名前を覚えるのは難しい。
いやそれ以前に、花を識別するのがすでに難しい。

高山を歩いていると、白や黄色やピンクのちっちゃな花がいっばい咲いていて、ちっちゃいし、よく似たのがいろいろあるしで、覚える前に区別ができ ...

尾瀬

夏がくーればチャララララ〜〜♬

尾瀬ヶ原の雪も解け、ようやく冬が終わり春が始まったこの季節。雪解け後の泥々の地面から、蕗のとうやら水芭蕉やら春が息吹き始めたところです。

白い炎のようにちっちゃくゆらめく水芭蕉の ...