伊豆・箱根日本三百名山

樹林帯を抜けて、冬枯れの笹原を行く。

標高を上げると、富士山がひょっこり姿を現した。

塔ノ峰で外輪山に乗り、そこから反時計回りに進んできた。天気は良く、見晴らしもいい。

左手には神山に駒ヶ岳といった ...

奥秩父日本百名山

この10年間の記録を見ると、二月には一度もテント泊をしていない。おそらくそれ以前にもしていないだろう。それならと、どこかへテントを張りにいくことにした。その他の月ではテント泊しているから、これで年間制覇だ。

行き先はどこに ...

富士・御坂, 丹沢・三浦

夜が明けたが、陽の光は樹林帯の底まで届かない。薄暗い登山道を登っていく。

予想通り雪はなかった。

御殿場線の駿河小山駅から標高928mの不老山へ登り、そこから1000m前後のピークをいくつか超えて1328mの三 ...

富士・御坂

阿智村での登山の帰り道、途中で仮眠して朝を迎え、再び車を走らせた。すっきりと晴れた空、山梨に入って富士山もぐっと大きくなった。

どこか登っとくか。このまま帰っても午前中には帰宅してしまう。やり過ごすには惜しい好天だ。

中央アルプス

二時間の登りで南沢山に着いた。

空は青空。空気は澄んで、遠くの山までよく見えている。

薄く積もった雪を踏みしめて進む。

空が広い。緩やかな起伏の連なる稜線を気持ちよく歩いていく。

南沢山 ...

九州の山日本三百名山

九州最後の一日は、鶴見岳に登ることにした。となりの由布岳には登ったことがあるが、その時は前日に大雨の大崩山を登っていて、体調も良くなく気力もなく、天気もイマイチだったので鶴見岳には登らなかったのだ。今回も空は晴れているが、山頂には雲が ...

九州の山日本三百名山

ゆっくり起きたら、日が昇っていた。まあ、今日はそれほど長距離ではない。いそいそと準備して出発だ。

朝日を浴びた傾山が黄金色に輝いている。あそこが最後のピークになる。

疲れが溜まっているのか、ペースが上がらない。 ...

九州の山

祖母山の山頂で初日の出を拝み、新しい年を祝ったら、そろそろ出発だ。先は長い。あまりゆっくりしてもいられない。

ひと晩を共にした方々に見送られて、縦走路へと踏み出した。

山頂に居合わせた30人以上のなかで、縦走路 ...

九州の山日本百名山

ガスっているが、山頂まで行っておこう。

尾平登山口から九合目小屋まで登り、薪ストーブの暖かさに腰が重くなりかけたが、意を決して外へ出た。

ちょうど一年前、2019年1月1日の早朝に、電波も入らない山奥の登山口で ...

南アルプス, 八ヶ岳日本三百名山

強風に煽られ、ザックごと体を持っていかれそうになる。岩陰に体を潜めて風をやり過ごした。飛ばされたら落ちる。慎重に行かねば。

樹林帯ですでに風は強かったので覚悟していたが、森林限界を超えてからは、遮るものなく強風に曝されてい ...