この道をどこまで行けば辿り着くのか 青空にひと筋ヒコーキ雲 – 御座山

整備されて歩きやすい登山道を登っていく。
周囲は木々が茂っていて、展望はほとんどない。

なんだかもやもやした気分なのは、登山道が少々退屈なせいだけではない。

もやもや…ちょっと違うな。
なんというか、もっとこう、もどかしいような切ないような…そんな気持ち。

前日、妙義山から下山して、町をぶらぶらしたり食事をしたりドライブしたりして夜を迎え、そのまま登山口で一夜を明かして、今日も山に登っている。

これからは山に登りまくるつもりだった。そして実際にそうしている。それがいま一番したいことだと思っていた。でも、どうやらそうではないのかもしれない。いや、そうだったはずなのに、そうじゃなくなってしまったようだ。

ひとつの季節が終わり、次の季節が始まった。でも、新しい季節は、想像してたのとは少々違うようである。

まったく人生ってやつは、いつでも予想の斜め上をいく。神様ってのがいるのなら、絶対にユーモアのあるやつだろう。

心の流れに逆らっても無意味なことは知っている。逆らうつもりもない。行き着く先はわからないけど、いまはこの流れに乗っていこう。

そのために必要なのは、心をオープンにすること、思考に囚われないこと、ものごとの良い面だけを見つめること、自然が与えてくれるサインに気づくこと、つまりはいつも通りに生きていくこと。

退屈な山道を三時間も歩くと、唐突に視界が開けた。
岩の稜線の先が御座山の山頂だ。

青空に周囲の山々が映えている。八ヶ岳に奥秩父、南アルプスに浅間山。霞んでてはっきりしないが、ここからなら北アルプスもよく見えるはずだ。

開放的で晴れやかで、すっきりした気持ちになる。

ここまで登ってきたからこそ見える景色であり、感じる心境である。

辿り着く先がどんな場所かは行ってみなくちゃわからない。

だからこそ、いまの一歩をひとつづつ歩いていこう。

 

西上州日本二百名山

Posted by azuwasa