光る雪 心にしみる春の山 帰らぬ日々に想いをはせて – 乗鞍岳

眩しく輝く白い頂き。青空が心に染みる。
森林限界を越えると広がる雪原は開放的で気持ちいい。

来てよかったな。ここに来てよかった。

切なさや愛しさで胸がいっぱいになる。

どこを歩いても行けそうだけど、まずは肩の小屋から朝日岳経由で山頂を目指す。

一歩づつ一歩づつ、かみしめながら登る。

ゆるそうに見えるけど、登ってみるとけっこうな急傾斜だ。でも、それがいい。ひたすら一直線に登り坂を登る。いまはそんな気分なのだ。

急登を登り続けて四時間で稜線に出た。

よし、ちゃんと登れてる。なかなか悪くないペースでちゃんと登れてる。

稜線の雪はガチガチに凍りついていた。ピッケルが刺さらないほどガチガチだ。

いままで以上の急な登り。冷たく強い横殴りの風が吹き付けている。アイゼンが刺さってるのか刺さってないのかよくわからず、足に体重を乗せるのが怖くて、思わず手をついてしまう。

これくらいの怖さや難しさがあっていい。これを登りきって頂きに到達したい。そんな気分なのだ。

朝日岳の山頂から振り返ると、そこには堂々とした北アルプスの山並み。

いいな。ここに来てよかった。いまの気分にびったりの場所だ。

目の前には乗鞍岳へと続く稜線。ここから先はそんなに難しくはなさそう。

さて、行くか。あの頂を目指して。

一歩づつ一歩づつ、ゆっくりと登っていく。

3000mに近くなり、体が重く足が上がらない。

ゆっくりゆっくり登っていく。

そうしてたどり着いた山頂からは、正面に御嶽山、左手には中央アルプスに南アルプス。右手には白山。そして振り向けば北アルプス。

遠いからなかなか行けなかったけど、今年はあの稜線も歩こう。もらった時間は大切に使おう。

空は晴れて、周りの山々がぐるりと見渡せて、空気はキンと冷たく澄んで、3000mの白い頂に立つと、手を伸ばせば天にも届きそう。

キラキラ輝く光の粒が、優しいメロディーを奏でながら降り注ぐ。

ここに来てよかった。

心に軽やかな風が吹き抜けた。

 

北アルプス日本百名山

Posted by azuwasa